~簡易版~アホな自分でも理解できた!!新型コロナとワクチンの全容(マスク・PCRも記載)

ワクチン

アホな自分でも理解できたので、
誰でも理解出来るように「新型コロナとワクチン」について、シェア出来たらと思います。

記載時期は2023年2月になります。
2020年~現在まで、世の中の流れを振り返ってみた時、
自分が理解した内容が間違っていないのだと確認できました

詳細版は、https://tsuyoruten.com/108/

感染症の歴史

  1. ~1945年(ペスト・コレラ・結核・破傷風)
    • 抗生物質の勝利(細菌・原虫・カビには有効)。但しウイルスには効かない
  2. 1889年~(ロシア風邪)元祖コロナ
    • 100万人死亡者を出すが、1年で終息
  3. 1918~1919年(スペイン風邪)
    • インフルエンザA型(H1N1型)世界人口15億の時代で、1億人が亡くなった
      実質1年目で終息。2年目は薬害(アスピリン投与)によるもの
  4. ~2019年(コロナの種類は4種類)
    • NL63型(ACE2型の質の悪い風邪)229E型(喉風邪)OC43型 HKU1型(インフルエンザ型
  5. 2002年(SARS)・2012年(MARS)
    • SARS(致死率10%) MARS(致死率40%)
  6. 2019年(新型コロナウイルス)

新型コロナウイルスについて

α(アルファ)株~δ(デルタ)株

【特徴】
質の悪い風邪で、血栓症を起こす
【理由】
ACE2受容体(全身に存在する)に結合し、血栓症を起こす

【重症化や死亡の要因】
細胞に感染したコロナが炎症誘発物質(サイトカイン)を大量に分泌する。これにより、免疫反応が暴走(サイトカインストーム)が全身の血管内で血液が凝固し血栓症になる。

オミクロン株~

【特徴】
のど飴で治る弱い風邪(昔ながらの風邪)
【理由】
+の荷電が7個に増加したため、喉の粘膜細胞に付着する(α~δは+荷電3個)
胃でほとんど分解され、無症状で終わる
たまに一部が感染させるが、喉風邪で終わる
【原因】
ACE2に結合する能力は有するが、細胞質内に入りにく
(その分、感染力は強い)

PCR検査

【陽性者と感染者の違い】
陽性者=ウイルスを2~5個保有で陽性判定(CT値次第)
感染者=ウイルスが1万個以上保有で感染
唾液があれば、恣意的に陽性にも陰性にも出来る

【CT値】
~20=感染力のあるウイルスが存在
21~35=遺伝子のかけらが大半(国際的基準は35)
36~=感染力を持ったウイルスは存在しない(WHO発表)
日本で使用される検査のCT値は=概ね40~45

マスク

【マスクの網目とウイルスの大きさ】
マスクの穴:5㎛
ウイルスの大きさ:0.02~0.1㎛

例:
花粉:20~40㎛
飛沫:5㎛
細菌:1㎛

PCRで説明した内容を踏まえると、
感染している(症状が有る)人が、マスクをする分には、飛沫(マスクの穴と同じ大きさ)を防げるので、少しは効果がある。つまり、効果は限定的

新型コロナワクチンについて

従来型との違い

 【従来型】
弱毒or死菌+アジュバンド(炎症物質)

【遺伝子型】
遺伝子(DNA・RNA)+PEG(ポリエチレングリコール)

新型コロナワクチン(DNA型とRNA型)

【DNA型】アストラゼネカ社
①DNAの核に100%入る
②mRNAがスパイクを生成する
③液性免疫・中和抗体をつくる
④免疫を刺激して感染させる
ポイント
半永久的にスパイクタンパクを生成し続ける
50年間失敗に失敗を重ねた遺伝子改変薬

【RNA型】ファイザー・モデルナ
①CH3-(メチルウラシル)が装飾されている
②CH3-Uは長時間生成を可能にする
③異物タンパクを長時間生成する
④自己免疫疾患の可能性が増加する
ポイント
毒タンパク産生薬と言える


mRNAの問題点

【問題は4つ(短期的2つ・長期的2つ】
短期的
①アナフィラキシーショック(エピペンで解決)
②血栓症

中長期的
③自己免疫疾患
④AIDS・日和見感染

①アナフィラキシーショック
筋肉に注射をすると、細胞の外に漏れだす。
・筋肉を動かすと脇の下のリンパ節へ移動する
・30分程度で左の頸動脈から全身に周り、ヒスタミンを放出し、アナフィラキシーショックが起こる

②血栓症
血管内のACE2受容体にスパイクタンパクが溜まり、血栓が出来る(各臓器で血栓症を起こす)
脳=ブレインフォグ 肺=肺炎 心臓=心筋炎等)

③自己免疫疾患
全身で起こる可能性がある

④AIDS・日和見感染
CH3-Uによって自然免疫のバランスが崩れ、AIDS病態に(帯状疱疹・カビ等)
自然免疫・細胞性免疫が落ち、日和見感染が増加(結核・梅毒・癌)

ファイザーの内部資料に書かれていたこと

2021年にファイザーは裁判で敗訴し、75年間隠蔽しようとしていた副反応のデータ(内部資料)の公開をすることとなった。

ファイザー有害事象リスト
https://ikenori.com/pdf/list_of_ae_pfizer.pdf
2021年春までの治験(4.2万人)
重篤副作用1,291種類(回復不能:11,361症例 回復19,582名 死亡者1,223名(死亡率2.9%))

接種対象外と接種対象者
https://americasfrontlinenews.com/post/the-pfizer-files-this-months-revelations-1
厚労省が4回目接種を優先とした基礎疾患名とファイザーが高リスクの為治験から外したグループが酷似



プラセボ群よりはるかに多くの全身性有害事象を報告している事実
https://phmpt.org/wp-content/uploads/2022/03/125742_S1_M5_c4591001-T-S-final-reacto-tables-track.pdf
BNT162b2(30μg)の接種者は、プラセボと比較して、25倍以上重篤な全身性事象を起こす可能性
投与後7日以内に全身性の事象が発生した人は、プラセボの2倍・重篤な発熱はプラセボの14倍

試験から外された9,704人の被験者(2回目を受けなかった)
https://phmpt.org/wp-content/uploads/2022/03/125742_S1_M5_5351_c4591001-fa-interim-excluded-patients-sensitive.pdf
あらかじめ定義された期間内に投与量2を受けなかった。
無作為化されたとおりに全ての予防接種を受けてなかった。重要なプロトコルの逸脱があった。


コメント

タイトルとURLをコピーしました